正官の天星×各地星

正官の天星×各地星

四柱推命の命式において、正官の天星と各地星の関係について解説します。
天星は天干から出す通変星、地星は地支の蔵干から出す通変星のことを言います。

 

正官(天星)×比肩(地星)

正官が比肩を剋するため、自分自身をコントロールし努力を積み重ねていくでしょう。
周囲の状況に左右されにくく、マイペースを貫くことができるでしょう。
努力家であるため、ある程度の立身出世運に恵まれるでしょう。
しかし、競争意識や自己アピール力はそれほどないため、過小評価されることがあるでしょう。
人に媚びず、また口がよくないため、人間関係で苦労することがあるでしょう。
若い頃は苦労や試練が多いですが、晩年になって努力が実を結ぶでしょう。

 

正官(天星)×劫財(地星)

正官(吉星)が劫財(凶星)を剋するため、吉意のある組み合わせでしょう。
目標を達成するための行動力や忍耐力に恵まれるでしょう。
しかし、手段を選ばず、公平性を欠く一面もあります。
内弁慶な傾向があり、表面上は穏やかでも内面は野心を秘めているでしょう。
親、兄弟、目上の人とは、迷惑をかけたり反対にかけられたりして、相性が良くないでしょう。
女性の場合は、結婚運にあまり恵まれないでしょう。

 

正官(天星)×食神(地星)

食神が正官を剋するため、公明正大などの正官の良い面が抑えられ、陰謀や裏工作などに傾くでしょう。
商才には恵まれるため、出世や金銭的利益などは期待はできるでしょう。
外面と内面がかなり違うため、精神的にストレスを抱えやすいでしょう。
神経症的な病を発症したり、衝動的な行動を取ることがあるでしょう。
計画性がなく、行き当たりばったりな人生になる人もいるでしょう。
女性の場合は、男性の嘘に苦しめられやすいでしょう。

 

正官(天星)×傷官(地星)

傷官(凶星)が正官(吉星)がを剋するため、凶意のある組み合わせでしょう。
しかし、上昇志向が強くハングリー精神には恵まれるでしょう。
現状に満足せず、新しいことに果敢に挑戦するでしょう。
競争心や野心が強すぎて、他人に対する配慮が欠如しやすいでしょう。
猜疑心が強く、人をなかなか信じることができないでしょう。
女性の場合は、夫をコントロールしようとする傾向があるでしょう。

 

正官(天星)×偏財(地星)

偏財が正官を強め、正官的な性質を帯びるでしょう。
偏財の持つ積極性に正官の意志力が加わるため、大きな成功が期待できるでしょう。
若い頃は苦労や試練がありますが、そこを乗り越えるとどんどん運が開けていくでしょう。
自分というものが確立されているため、他人の意見にはあまり左右されないでしょう。
一方で、自分のやり方に固執するため、周囲と軋轢を生じることもあるでしょう。
自分の選んだ道を歩むため、人生において後悔は少ない方でしょう。

 

正官(天星)×正財(地星)

正財が正官を強め、正官的な性質を帯びるでしょう。
どちらも吉星であるため、全般的に恵まれるでしょう。
若い頃に苦労があっても、持ち前の前向きさによって人生は開運していくでしょう。
人格も優れており、物事の善悪をよく理解して正しい道を歩むでしょう。
責任感が強く、目上の人に引き立てられやすいでしょう。
組織の長よりも2番手以下の位置の方が、能力を存分に発揮することができるでしょう。

 

正官(天星)×偏官(地星)

正官と偏官は比和の関係ですが、偏官と正官は相性が悪いため、凶意が生じるでしょう。
破壊衝動や凶暴性が生じやすいでしょう。
外面は穏やかですが、内面にはかなりの野心を秘めているでしょう。
面倒見がよいため、目下の人からは慕われますが、自己主張が強すぎて、目上の人とは揉めやすいでしょう。
研究熱心なため、専門的な職業に向いているでしょう。
男性は恐妻家になりやすく、女性は気が強くて恋多き人生を歩むでしょう。

 

正官(天星)×正官(地星)

正官が比和となり、正官は本来命式に一つだけあることが望ましいですが、吉星であるため基本的には強運でしょう。
行動力や決断力に優れており、立身出世運が期待できるでしょう。
正官が複数あるため、品行方正さなど正官の良い性質は幾分損なわれるでしょう。
野心が大きく、他人に対して配慮が足りなかったり、時には軽率な行動を取ってしまうことがあるでしょう。
自信過剰な傾向があるため、敵をつくりやすいでしょう。
女性の場合は、結婚生活に波乱が生じやすいでしょう。

 

正官(天星)×偏印(地星)

正官が偏印を強め、また偏印に正官の性質が加わります。
偏印の気まぐれさに正官の真面目さが加わり、地に足がつくでしょう。
相続には縁がなく、父親のことで苦労があるかもしれません。
命式に財星があれば、運が強くエネルギッシュで外向的でしょう。
財星がない場合は、頑固で自分の世界を大切にするでしょう。
女性の場合は、頼りにならない男性と結婚する傾向があるでしょう。

 

正官(天星)×印綬(地星)

正官が印綬を強め、また印綬に正官の性質が加わります。
非常に良い組み合わせで、立身出世運に恵まれるでしょう。
優れた知性や豊かな才能に恵まれ、社会で大いに活躍できるでしょう。
多少の苦労があった方が正官のバネとなり、より大きく成功することができるでしょう。
財星は印綬を傷つけるため、この組み合わせは財星があることを嫌います。
命式に財星がある場合は、上述の吉意がいくらか損なわれるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top