四柱推命の十二運:建禄

四柱推命の十二運:建禄

四柱推命の十二運である「建禄」は、自立して一人前となり堂々とした道を歩むことを表しています。
運気が非常に強く、十二運の中で最も良い運気と言えるでしょう。
土台も盤石な状態で、家族を支える頼もしさもあります。

 

しかし、女性にとっては運気が強すぎて、望ましくない一面もあります。
夫婦間で夫を言い負かしたり、離婚をする傾向があります。

 

四柱の建禄

建禄の命式内の各柱ごとの特性は次の通りです。

 

年柱

生まれつき先祖代々から引き継いだ徳を兼ね備えているでしょう。
年を重ねるごとに力をつけ、地盤を強固なものにして栄えるでしょう。

 

月柱

実家から離れて自らの力で運命を切り開いて成功する運の強さがあります。
企画力や計画力に優れ、堅実な手法を用いるでしょう。
伝統的な技能なども習得が早く適性があります。
独立心が強く、働き盛りの時期に運気のピークを迎えるでしょう。
やや個性的な人柄で、義理堅く頑固な一面がありますが、それと同時に移り気な一面もあります。
男性も女性も容姿に恵まれている人が多いです。

 

日柱

温厚で聡明な人柄です。
仕事運に恵まれ、技術や芸術などの専門職に適性があります。
実業界や文筆業界などにも通用する才能を持ち合わせています。
自立心が強いため、家業を継ぐよりも自ら起業するタイプでしょう。
また、実家にずっと住み続けることはないでしょう。
中年で運気が変わるため、中年までが良かった人はその先に少なからず苦労があり、中年までに苦労した人はその先で成功するでしょう。
男性にとっては全般的に良いですが、女性にとっては運気が強すぎてプライベート面で支障が出ることがあります。

 

時柱

人生の目標や希望は叶えることができるでしょう。
周囲からの信頼が厚く、晩年は多くの人から慕われる生活を送るでしょう。
子供運もよく、子供の活躍も大いに期待できます。

 

行運の建禄

建禄は強すぎる身強にとっては要注意の運気となります。
周囲の助言に耳を傾けず、独断で突っ走りかねないからです。

 

喜となる通変星が建禄とともに巡ってくれば、幸運を享受できるでしょう。
身強にとって食傷星、財星、官星が喜として巡る場合は、その通変星が示す福分を十分に得られるでしょう
身弱にとって比劫星が喜として巡る場合は、今までにはない大きな成功が望めるでしょう。

 

忌となる通変星が建禄とともに巡ってくる場合、身強にとっては凶意が大きくなります。
特に比劫星や印星が忌となる身強は、我が強くなりすぎて仕事面や家庭面、健康面などでトラブルに見舞われるでしょう。
身弱にとっては、日主が強くなるのでそれほど凶意はないでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top