格局の取り方

格局の取り方

四柱推命の命式において、共通点や相似点があるもの同士をまとめたものを格局と言います。
格局の取り方によって、命式の良し悪しや行運の吉凶が大きく変わってきますので、格局は慎重に決める必要があります。

 

格局には大きく分けて普通格局(内格)と特別格局(外格)があります。
それぞれの特性は下記の通りです。

 

普通格局(内格)

通変星がそのまま格となるものを言います。
内格の人は、バランスよく生きることに強みがあるでしょう。
環境や人間関係に恵まれ、人脈を上手に使いこなせるでしょう。
常識的な感覚が身についており、大きな組織の中で成功できるでしょう。

 

特別格局(外格)

内格以外のものを言います。
中でも極身強・極身弱の人は、バランスよく生きることが苦手でしょう。
一芸に秀でている人が多く、己の才能を頼りに人生に果敢にチャレンジするでしょう。
固定観念にとらわれない独自の発想力を持つでしょう。

 

 

当サイトでは、下記の手順で格局を定めています。

1.命式に特定の方合・三合・四墓、特定の五行、特定の干支などの並びがある
【一行得気格、両神成象格、暗冲格、暗合格など(外格)】

 

2.日干が合化する
【化気格−化木格、化火格、化土格、化金格、化水格(外格)】

 

3.極身強、極身弱となる
【従格−従旺格、従強格、従児格、従財格、従殺格など(外格)】

 

4.命式に特定の干支の並びがある
【建禄格、月刃格(外格)】

 

5.命式に方合・三合があるなら、それで格を取る 
【普通格局(内格)】

 

6.月支元命が比肩・劫財以外なら、月支元命を格とする
【普通格局(内格)】

 

7.月支元命が比肩・劫財なら、月支蔵干の本気・中気・余気の透干や強さから決める
【普通格局(内格)】

 

1、2、3の外格については、該当条件に一点の曇りもない真の外格と、一点破格となる仮の外格があります。
もちろん真の外格の方が仮の外格より貴命となります。
仮の外格なのか普通格局(内格)なのか、命式だけでは判断が難しい場合もあり、そのような場合は行運の喜忌を見て判断することが有効です。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top