偏印の大運×各年運

偏印の大運×各年運

四柱推命の偏印の大運における各通変星の年運の運気について解説します。
偏印は基本的には凶星で、命式に偏官や正官があれば、下記の運気の凶意は強まるでしょう。
反対に、偏財があり制化されれば、凶意は弱まるでしょう。

 

偏印(大運)×比肩(年運)

兄弟姉妹や同僚に関することでトラブルが生じやすいでしょう。
副業はうまくいかないので、手を出さないことが賢明でしょう。
既婚女性の場合は、姑と揉めやすくなるでしょう。

 

偏印(大運)×劫財(年運)

苦労の多い不幸な時期でしょう。
良かれと思ってやったことが裏目に出るでしょう。
結婚などの良い話は破談になるかもしれません。

 

偏印(大運)×食神(年運)

人に迷惑をかけると自分に返ってくるので気を付けましょう。
女性の場合は、健康や財産を損ないやすいでしょう。
さらに既婚女性の場合は、姑との衝突も心配されます。

 

偏印(大運)×傷官(年運)

家庭内の苦労が多い時期でしょう。
夫婦仲の衝突や亀裂が心配されるでしょう。
考えなしに行動すると、人に迷惑をかけて信頼を失ってしまうでしょう。

 

偏印(大運)×偏財(年運)

恋愛関係や夫婦関係におけるトラブルが生じやすいでしょう。
父親のことで悩まされることもあるでしょう。
副業もうまくいかないので手を出さない方がよいでしょう。

 

偏印(大運)×正財(年運)

引き立て運が期待できる時期で、勤め人では出世や昇進のチャンスが訪れるでしょう。
芸能方面で活躍したり、副業で財を築くことができるでしょう。
既婚男性の場合は、妻から内助の功が得られるでしょう。

 

偏印(大運)×偏官(年運)

支出や損失が増えるなど金銭面の苦労が多い時期でしょう。
目上の人に嫌われて不利益を被ることがあるでしょう。
女性の場合は気が多くなり、浮気や副業に目が行くでしょう。

 

偏印(大運)×正官(年運)

社会的な地位の向上が期待できる時期でしょう。
しかし、金銭面ではそれほど潤わないでしょう。
女性の場合は、夫に対する当たりがきつくなりがちなので、抑えるようにしましょう。

 

偏印(大運)×偏印(年運)

プライベートな生活における悩みが生じやすいでしょう。
家族の病気や盗難などの犯罪被害が心配されます。
訴訟に巻き込まれることもあるでしょう。

 

偏印(大運)×印綬(年運)

優柔不断になり、迷いが多くなる時期でしょう。
金銭的な損失を招きやすく、また病気にかかりやすいでしょう。
男性では異性との縁が、女性では子供との縁が薄くなるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top