偏印格

偏印格

偏印格とは、四柱推命の普通格局(内格)の一つで、命式内で偏印が最も重要な働きをする命式のことを言います。
三合・方合などで偏印が強くなる、月支の蔵干の通変星(月支元命)が偏印となる場合などが該当します。

 

 

偏印格は身弱より身強である方が望ましいです。
身弱であると、偏印が剋する食傷星を十分に生じることができないからです。

 

偏印は印綬のような吉星ではなく凶星ですが、月支の強い偏印は、印綬のような働きをします。
日柱や時柱の偏印は自己中心的な意味合いが強くなるので、あまりよくありません。
印星が多い人は孤独になりやすいと言われています。
印星は自分を生み出す星ですから、自分中心の考えに陥り、孤独になりやすくなります。

 

偏印は財の元神となる食神を傷つけるため、偏印を剋する財星があると良いとされています。
特に、身強の偏印格で財星があることが望ましいです
身強の偏印格で強い財星がある人は、好命で財運に恵まれるでしょう。

 

偏印は干合することを喜びます。
傷官と干合する場合は、2つの凶星の凶意を解消することができます。
正財と干合する場合は、身強であれば財運が向上するでしょう。

 

偏印は凶星であるため、空亡や七冲に逢うことを喜びます。
偏印の凶意が薄れます。

 

 

偏印過多であることは基本的に好ましくありません。
食傷星を剋し、官星を漏らすため、金銭に恵まれず孤独になりやすいでしょう。
干合があればこの限りではありません。

 

偏印は食神と並ぶと倒食となるため、基本的に食神があることは好ましくありません。
特に、月干が食神であると、貧命であると言われています。
偏印過多で、食神がある場合は、財を成しにくいでしょう。

 

印綬があれば、正偏混雑となり、一つのことに専念することが難しくなるでしょう。
才能はありますが、成功までの道のりが長くなるでしょう。

 

 

食神がある偏印格は、食神運が巡ると、トラブルに巻き込まれやすくなるでしょう。
偏印過多であると、より一層深刻になるでしょう。
また、財星運の行運では運気が上昇するでしょう。
財星が偏印を制し、食神が財を生み出すからです。
反対に、官星の行運では運気が低迷するでしょう。
官星が偏印を強め、その強められた偏印が食神を剋するからです。
なお、これらは制化があれば救われます。

 

制化のない偏印格は、偏財運もしくは干合運が巡ると発展するでしょう。
官星過多の偏印格は、財星運が巡ると発展するでしょう。

 

大運偏印、年運食神の行運では、災禍に見舞われる心配があります。
命式に食神がある場合は、より一層深刻でしょう。
女性の場合は、子供に関する苦労が暗示されます。

 

 

偏印過多の人は基本的に情が薄くドライでしょう。
偏印過多で制化がある人は、才能を活かして、大いに発展するでしょう。
偏印過多で制化がない人は、身なりに無頓着で怠惰な生活を送りがちでしょう。

 

身弱の人は、身体が丈夫ではないでしょう。
吉星である食神を偏印が剋するからです。
偏印に制化があれば、かえって健康になるでしょう。

 

身弱で食神がある人や、日支が偏印で他の柱の天干に食神がある人は、暴飲暴食による病気に気を付けましょう。

 

 

女性で偏印が傷官と干合する場合は、夫を支え内助の功を発揮するでしょう。
傷官は干合し、正官(夫)を傷つけなくなるからです。
一方、女性で偏印が正財と干合する場合は、内助の功を忘れるでしょう。
正財が干合し、正官(夫)を生じなくなるからです。

 

偏印過多で、日支が偏印の人は、配偶者に恵まれないでしょう。
結婚生活に波風が立ちやすいでしょう。
偏印に制化があれば、その限りではありません。

 

偏印が多い人は、両親との縁が薄いでしょう。
偏印が両親を意味する印綬を妨害するためです。
時柱に偏印がある女性は、子供との縁が薄いでしょう。

 

 

偏印格の人は、物質的な満足よりも、精神的な満足を重視するでしょう。
知的好奇心が旺盛で、物事の真理について考えたり、瞑想することが好きでしょう。
ただ忍耐強いとは言えず、最初の内は熱中しますが、途中から飽きて投げ出してしまうことがあるでしょう。

 

自由であることを望み、束縛されることを嫌うでしょう。
自分だけの内面の世界を大切にし、世間のことには疎い方でしょう。

 

他人に対しては、あまりオープンではなく、一線を引いているところがあるでしょう。
恋愛に関しても奥手な人が多いでしょう。

 

 

独創性や非凡な才能に恵まれているでしょう。
印星は才能を意味する星であり、偏印では一風変わった能力や独創的なアイデアを示します。

 

ある特定の分野のスペシャリストとして活躍する人が多いでしょう。
技術者、マスコミ業界、芸能業界、宗教関連、医師、学者、料理人、占い師などに適性があるでしょう。

 

身強で偏印に制化がある人は、仕事運に恵まれるでしょう。
財星がある人は実業で成功し、官星がある人は勤め人として成功するでしょう。

 

また、偏印には副業の意味もあるため、副業を持つ人が多いでしょう。
同時に多数の仕事を手掛けると、かえって刺激を受け、良い成果を出すことができるでしょう。

 

喜となる行運では頭が冴え、持前の才能を発揮し、引き立てられたり、大きな収入を得たりするでしょう。
忌となる行運では頭が鈍り、思い通りにはならないことが増えて、孤独になったり、金銭的に苦しくなったりするでしょう。

 

<偏印格の例>

2001年7月27日4時台生まれ

時柱 日柱 月柱 年柱
天干

地支

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top