四柱推命の六害

四柱推命の六害

四柱推命の六害とは、互いに分離したり破壊しあったりする2つの地支のことを言います。

 

六害は肉親の不和や分離を意味し、助けがないことや孤立すること、仲違いすることなどを暗示します。
日柱にあるのが一番よくないとされています。

 

凶意は七冲や刑ほど強くはないので、命式が良ければ特に心配しなくてよいでしょう。
空亡、支合、三合などによって凶意はさらに軽くなります。

 

下図のように、七冲となる地支が支合する相手、または支合となる地支が七冲となる相手が六害となります。

六害

 

六害には以下の6組があります。
上から順に凶意が弱くなります。(上が一番強く、下が一番弱い)

六害 性質
子−未

家族の仲が悪く衝突しやすい

偏官とともにあれば胃腸が弱くなりやすい

寅−巳

先のことを考えずに突き進んで失敗しやすい

2つあると手術や慢性病に注意

丑−午

負けず嫌いだが忍耐力に欠ける

夫婦関係が不安定である

神経系の病気にかかりやすい

卯−辰

負けず嫌いで、孤独を好む

目上の人に恥をかかせる

酉−戌 家族の病気が原因となって、夫婦関係が悪くなりやすい
申−亥

失くし物が多い

転落の事故に注意

2つあると顔の怪我に注意

 

六害が日支と時支にある場合は、年老いてからの病気に注意しましょう。

 

六害が羊刃と同じ柱にあれば、動物からの被害に気を付けましょう。

 

六害、亡神、劫殺の3つが同じ柱にあれば、嘘をつくことが多いでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top