四柱推命の通変星:偏財

四柱推命の通変星:偏財

四柱推命の通変星である「偏財」は、日主が剋す五行で陰陽が同じ干を指します。
日主が支配し管理するエネルギーで陰陽も同じなため、世の中に流通する財産を表しています。
金銭、投資、商売、繁栄、信用、安定、良縁、父親、妻、愛人などの意味があり、基本的には吉星となります。

 

基本性質

社交的な人柄で、よく稼ぎよくお金を使うでしょう。
基本的には、経済的な不安とは無縁でしょう。

 

人情味に溢れ、時には自分を犠牲にしてでも相手に尽くすでしょう。
意志が強く、目標を簡単に諦めたりはしないでしょう。

 

お金の扱いがうまく、合理主義者でもあります。
言動の理屈が通っているので、周囲からの信頼も厚いでしょう。

 

偏財は十二運が強いことを好みます。
長生、冠帯、建禄、帝旺など十二運が十分に強ければ、財産に恵まれ、父親の後ろ盾などが得られるでしょう。
弱い十二運では、財が流れてしまい、貯蓄に支障が出るでしょう。

 

命式において、偏財が比肩とともにある場合は比肩が偏財を剋するため、財運が悪かったり、父親との縁が薄かったり、妻の体調が悪くなったりします。
年干が偏財であれば、父方に養子の人がいるでしょう。
年干も年支も偏財であれば、父親のかわりに祖父に育てられることがあります。

 

偏財が命式に多い人は、個性的で変わっている人が多く、他人とトラブルになりやすいです。
日主が弱く財星が大過する場合は財多身弱となり、かえって財運には恵まれず、人間関係でも苦労するでしょう。

 

男性の場合で、命式に偏財がある人は、妻からの良きサポートを受けるでしょう。
男性で財星が大過する場合は、浮気や不倫など異性関係のトラブルに注意しましょう。

 

人間関係
偏財は基本的に自分が利用・管理する人物を表します。
【父親、養子、愛人(男性の場合)など】

 

行運

偏財が喜神となる場合で偏財の行運が巡れば、仕事運や財運が上昇するでしょう。
仕事面では出世したり事業が成功したり、金銭面では投資や投機で利益が出たりするでしょう。

 

気持ちが外向的になり、本当にやりたかったことなどに着手するでしょう。
援助運もある時期なので、人付き合いを大切にするようにしましょう。

 

調子に乗ると足元をすくわれかねないので、気を引き締めるようにしましょう。
男性の場合は、恋愛関係が発展したり、結婚に至ることが多いです。

 

偏財が忌神となる場合で偏財の行運が巡れば、浮き沈みが激しく不安定な時期となるでしょう。
せっかく成功したように見えても、その後すぐに失敗したりすることがあります。

 

金銭面の出費も多くなる暗示があります。
学業や仕事でも挫折を味わいやすく、計画していたことが頓挫するでしょう。

 

健康面でも病気にかかったり、事故やトラブルに巻き込まれやすくなります。
父親に危険が及ぶこともあります。
男性の場合は恋愛関係で破局したり、家庭が荒れることもあるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top