四柱推命の命式の見方

命式の見方

四柱推命では、生まれた年月日時を八字に置き換えて占います。
生まれ年から年柱、生まれ月から月柱、生まれ日から日柱、生まれ時間から時柱が決定します。
このように柱が4種存在するため、四柱推命と呼ばれています。

 

それぞれの柱は天干・地支から成ります。
天干には甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干、地支には子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支のいずれかが入ります。
4柱×2文字=合計8文字となり、中国では四柱推命は「八字(パーツー)」と呼ばれています。

 

各柱の名称や示すものは下表の通りです。

時柱 日柱 月柱 年柱
天干 時干 日干 月干 年干
地支 時支 日支 月支 年支
示すもの 子供(干が息子、支が娘)

目下の人間
仕事

私生活

結婚生活
自分自身(干)
配偶者(支)
健康

社会生活

性格
兄弟姉妹
友人
父母

先祖

父母(干が父方、支が母方)
年長者
成育環境
人生全体

年齢 60歳〜

晩年運

40〜60歳

中年運

20〜40歳

青年運

0〜20歳

初年運

 

日干は「日主」とも呼び、その人自身を表します。
その命式の中心となります。

 

各柱の天干と地支の蔵干から通変星を導き出します。
特に月支の蔵干から導き出した通変星を「月支元命」といい、その人の本質や性格を表します。

 

四柱推命では日干と月支が非常に重要で、実に運命の6割を決定づけるとも言われています。
年干・月干・時干から導き出された通変星のことを年上・月上・時上と呼ぶこともあります。

 

その他にも各柱ごとに十二運や特殊星などが導き出されます。
特殊星は基本的にその柱の年齢域に作用します。
影響は日柱にあるものが一番強く、次に時柱、月柱、年柱の順となります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top