四柱推命の十二運:胎

四柱推命の十二運:胎

四柱推命の十二運である「胎」は、王者を意味する帝旺の対極に位置する十二運で、生まれたばかりの赤ちゃんのような弱々しい運気を表しています。
パワーはまだ殻の中に秘められているので、段階を踏まないとなかなか発揮することができません。

 

物事の最初は苦労を伴いますが、最終的には報われるでしょう。
新しい分野に強みがあるため、新規の事業などで成功できるでしょう。

 

やや自己中心的なところがあり、視野が狭くなる傾向があります。
結婚運に関しては安定しないため、再婚の暗示もあります。

 

四柱の胎

胎の命式内の各柱ごとの特性は次の通りです。

 

年柱

親のことで苦労をする暗示があります。
親や目上の人からの援助は期待できず、自分の力で人生を切り開いていくことになるでしょう。
親の老後の面倒を見ることも多いでしょう。

 

月柱

自由奔放で気が多いため、いろんな世界を渡り歩きます。
時代の先端をいくような新しいものが好きでしょう。
感性が鋭く、さまざまな才能に恵まれているでしょう。
これだけはと決めたものは何としてでもやり抜きますが、基本的には忍耐力が不足しています。
人生の前半生と後半生では全く違う生き方になることが多いです。

 

日柱

子供時代に危機に瀕する暗示がありますが、それを乗り越えると立派に成長するでしょう。
ユーモア好きで人間味のある性格なので、多くの人に好かれるでしょう。
好奇心旺盛で新しいものが好きでしょう。
頭は賢いですがどこか抜けているところもあります。
身体はもともと丈夫ではありませんが、年を取るにつれ健康運が上がるでしょう。
女性の場合は多産の暗示がありますが、我が強くなって家庭内で波乱が起きがちです。

 

時柱

時間はかかるものの根気良く取り組めば成果は出るでしょう。
我が子は親が望む道とは違う道を選び、親元から羽ばたいていくでしょう。

 

行運の胎

身強/身弱どちらの場合も、大きな発展は期待できない時期となります。
攻めるよりも守りに徹するのが良いでしょう。

 

喜となる通変星が胎とともに巡ってくる場合は、良い作用が期待でき、目的達成のための良い準備期間となるでしょう。
通変星が比劫星・印星の場合は吉作用の実感が得られますが、食傷星、財星・官星の場合は曖昧な感覚となるでしょう。

 

忌となる通変星が胎とともに巡ってくる場合は、非常に弱い運気で悪い作用が心配されます。
特に身弱では一段と凶意が強くなるので注意が必要になります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top