四柱推命の干合

四柱推命の干合

四柱推命の干合とは、陽干と陰干が結びつくことを言います。
相剋の関係にある二つの天干から構成されます。
基本的に吉意があります。

 

命式内で干合ができるには、二つの天干が隣接している必要があります。
例えば、年干と月干、月干と日干では成立しますが、年干と時干では成立しません。
大運や年運など行運の天干と命式内の天干が結びついて干合となる場合もあります。

 

優先順位

命式内に干合となる組み合わせが複数ある場合は、以下の優先順位となります。

日干と月干 > 日干と時干 > 年干と月干

 

行運によって干合が形成される場合は、以下の優先順位で干合となります。

年干 > 月干 > 時干 > 日干

 

妬合

干合となる組み合わせに挟まれ、1つの干を2つの干が争う状態を言います。
妬合は競争相手が多いことを暗示しています。

 

妬合の例

時柱 日柱 月柱 年柱
天干
地支

 

 

干合には大きく分けていくつかのパターンがあります。

変化干合

月令を得て干合を作っている場合は変化干合となり、他の一つの五行に変化します。
これを合化と言います。

 

変化干合になるには、原則として月支が下表であることが条件となります。

干合 変化干合後 合化 月支 性質
甲−己 戊−己 辰、戌、未、丑 中正の合(誠実)
乙−庚 辛−庚 申、酉 仁義の合(仁義)
丙−辛 壬−癸 亥、子 威制の合(冷酷)
丁−壬 乙−甲 寅、卯 淫疾の合(色情)
戊−癸 丙−丁 巳、午 無情の合(理性)

 

干合去

月令を得ず、日干を含んでない場合は、その干合は影響がなくなり無作用化します。
これを干合去と言います。

 

忌神が合去された場合は凶意が薄まり良くなりますが、喜神が合去された場合は凶神の作用が強まりますので好ましくありません。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top