劫財の天星×各地星

劫財の天星×各地星

四柱推命の命式において、劫財の天星と各地星の関係について解説します。
天星は天干から出す通変星、地星は地支の蔵干から出す通変星のことを言います。

 

劫財(天星)×比肩(地星)

劫財と比肩は比和の関係であるため、比劫星の特性が強調されるでしょう。
非常に気が強く、自分の主張を通そうとするでしょう。
口が悪いところがあるため、人間関係のトラブルが生じやすいでしょう。
闘争心が強いため、競争社会には適していますが、人生の浮き沈みは激しい方でしょう。
全般的に運気はあまり良くなく、成功するには努力を要するでしょう。
劫財は傷官を生むため、女性の場合は夫を攻撃しやすく、離婚することが珍しくないでしょう。

 

劫財(天星)×劫財(地星)

劫財が比和となり、劫財本来の性質が非常に強調されます。
稀に大きな成功を掴むことがありますが、全般的に苦労の多い運気でしょう。
年柱にあれば親や家庭環境に恵まれず、月柱にあれば職が安定せず、時柱にあれば晩年生活に孤独や苦労があるでしょう。
非常に頑固で我が強く、他者に対して冷酷でしょう。
命式に印星があればその傾向はさらに強まり、反対に官星があれば理性的でいられるでしょう。

 

劫財(天星)×食神(地星)

食神に劫財の性質が加わるため、食神の享楽性がより自己中心的になるでしょう。
地道な努力を嫌がり、極端な行動を取るでしょう。
現実感に乏しく、将来のことを考えずに刹那的な生き方をするでしょう。
しかし、気前は良いので、多くの人から好かれるでしょう。
女性の場合は、結婚運は安定しませんが、年を重ねても若々しいので恋多き人生を歩むでしょう。

 

劫財(天星)×傷官(地星)

劫財が傷官を強め、また傷官に劫財の性質が加わります。
繊細な感性や鋭い知性に恵まれ、ある種のカリスマ性に恵まれる人もいるでしょう。
プライドが高く、欠点を指摘されると逆上することがあるでしょう。
人間関係でトラブルになることが多く、孤立しやすいでしょう。
成功するためには、感情をコントロールすることが必要不可欠です。

 

劫財(天星)×偏財(地星)

劫財が偏財を剋するため、偏財の性質は弱まり、劫財の性質が強くなるでしょう。
我儘な気質があり、自己評価が高いでしょう。
楽天的な考え方をするため、計画性に乏しいでしょう。
金銭管理が苦手なため、稼いでも浪費することが多く、貯金は溜まりにくいでしょう。
恋愛関係のトラブルに巻き込まれやすく、また父親や実家に迷惑かけることもあるでしょう。

 

劫財(天星)×正財(地星)

劫財が正財を剋するため、正財の性質は弱まり、劫財の性質が強くなるでしょう。
外面的には穏やかで人当りが良くても、内面では執念深く感情の起伏が激しいでしょう。
度胸があるため、競争社会には適しているでしょう。
仕事と私生活のバランスが取りにくく、どちらかが充実すればどちらかが寂しくなるでしょう。
裏切りや犯罪被害、事故など、外部からもたらされる災難に注意しましょう。

 

劫財(天星)×偏官(地星)

偏官が劫財を剋するため、劫財の性質は弱まり、偏官の性質が強くなるでしょう。
劫財は基本的に凶星なので剋されることが好ましいですが、偏官も凶星なので穏やかな運気にはなりません。
浮き沈みが激しく、変化が多い人生となるでしょう。
非常に頑固で、内弁慶なところもあるでしょう。
人と接する職業より、技術職や専門職が適しているでしょう。
女性の場合は、頭の回転は速いですが、異性運には恵まれにくいでしょう。

 

劫財(天星)×正官(地星)

正官が劫財を剋するため、劫財の性質は弱まり、正官の性質が強くなるでしょう。
凶星である劫財を吉星である正財が剋するため、運気はとても良くなります。
仕事における成功が期待でき、組織のトップに立つことも夢ではありません。
真面目で根気強いため、困難に直面しても逃げ出さず、最後までやり抜くでしょう。
勤め人であれば堅実に発展していき、自営業や経営者であれば浮き沈みがありながらも発展していくでしょう。

 

劫財(天星)×偏印(地星)

偏印が劫財を強め、劫財的な性質を帯びるでしょう。
我が道を貫き、不器用な生き方をするでしょう。
人との衝突や変化が多く、波乱万丈な人生になるでしょう。
お金に細かいところがありますが、あまり貯金は溜まらないでしょう。
副業や趣味に熱心な人が多いですが、成果は期待できないでしょう。

 

劫財(天星)×印綬(地星)

印綬が劫財を強め、劫財的な性質を帯びるでしょう。
基本的に運が強いので、野心を達成できることが多いでしょう。
年を重ねるとともに傲慢で我儘な性質が出てくるでしょう。
配偶者や子供を傷つける傾向があるので、家族に気を遣ってあげてください。
時柱にこの組み合わせがある場合は、孤独な晩年生活を暗示します。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top