偏官の大運×各年運

偏官の大運×各年運

四柱推命の偏官の大運における各通変星の年運の運気について解説します。
偏官は基本的には凶星で、干合や食神による制化を喜びますので、それらが命式にある場合は下記の運気の凶意は弱まるでしょう。
反対に、正官がある場合は官殺混雑となり、凶意が強まるでしょう。

 

偏官(大運)×比肩(年運)

人間関係で衝突したり、病気にかかりやすい時期でしょう。
兄弟や同僚に迷惑をかけたり、自身が盗難などの被害に遭うことがあるでしょう。
女性の場合は、夫のことでも悩まされやすいでしょう。
気を引き締めて生活することで、トラブルは幾分軽減することができるでしょう。

 

偏官(大運)×劫財(年運)

正義感が強くなり、困っている人を助けようとするでしょう。
時には大きな権力と戦うこともあるでしょう。
金銭面の出費や損失は多いでしょう。

 

偏官(大運)×食神(年運)

運気は概ね良いですが、小さな苦労や悩みがあるでしょう。
何かを実行しようとした時に、周囲から反対されることがあるでしょう。
根回しをして、慎重に行動をするとよいでしょう。

 

偏官(大運)×傷官(年運)

他者に巻き込まれて損失を被りやすい時期でしょう。
目上の人のために、骨を折ることもあるでしょう。
努力や苦労が全く無駄になるわけではないので、前向きに生活するとよいでしょう。

 

偏官(大運)×偏財(年運)

前半の運気は良好ですが、後半は運気が萎み苦労があるでしょう。
父親に関することで心配事が生じやすいでしょう。
男性の場合は、女性問題で頭を悩ませることがあるでしょう。

 

偏官(大運)×正財(年運)

幸運な時期で、チャンスが多く訪れるでしょう。
勤め人では、出世や昇進が期待できるでしょう。
女性の場合は良き妻となり、夫を支えて一家が繁栄するでしょう。

 

偏官(大運)×偏官(年運)

苦労や災難の多い不幸な時期でしょう。
人間関係における衝突が絶えなかったり、身体を崩して病気にかかりやすいでしょう。
男性の場合は子供を授かったり、女性の場合は恋愛が活発になることがあるでしょう。

 

偏官(大運)×正官(年運)

決断力が弱まり、迷いが多くなる時期でしょう。
男性の場合は仕事で、女性の場合は恋愛や結婚で迷いが生じるでしょう。
外側からは良く見えても、内情は苦労が多いでしょう。

 

偏官(大運)×偏印(年運)

独立心や反抗心が強くなる時期でしょう。
兄弟や同僚に対する面倒見はよいですが、目上の人に反抗的な態度をとるでしょう。
男性の場合は仕事上の不利益があったり、女性の場合は姑と揉めることがあるでしょう。

 

偏官(大運)×印綬(年運)

社会的地位の向上が期待できる時期でしょう。
しかし、金銭面はそれほど恵まれないでしょう。
女性の場合は良縁に恵まれたり、義実家との仲が良好になるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top