納音とは

納音とは

四柱推命の納音とは、各干支を古代中国の音韻理論に基づいて五行に分類し、さらに形容詞をつけたものを言います。
古代中国の周王朝の時代に鬼谷子(きこくし)によって提唱されたと言われています。

 

60個の干支は2個ずつペアになり、固有の名称が与えられます。
すなわち、納音は全部で30種類となります。

 

納音には、音の響きを含むという意味があり、五行の音が示す運命を表しています。
特に、日柱の納音を見ることで、その人の性質や運命を占うことができます。
四大空亡寿命に着目する際にも用いられます。

 

六十干支の納音表は下記の通りです。

六十干支納音表 空亡
海中金 炉中火 大林木 路傍土 釼鋒金

戌亥

甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未 壬申 癸酉
山頭火 澗下水 城頭土 白鑞金 楊柳木

申酉

甲戌 乙亥 丙子 丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳 壬午 癸未
泉中水 屋上土 霹靂火 松柏木 長流水

午未

甲申 乙酉 丙戌 丁亥 戊子 己丑 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳
沙中金 山下火 平地木 壁上土 金箔金

辰巳

甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥 庚子 辛丑 壬寅 癸卯
覆燈火 天河水 大駅土 釵釧金 桑柘木

寅卯

甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申 己酉 庚戌 辛亥 壬子 癸丑
大溪水 沙中土 天上火 柘榴木 大海水

子丑

甲寅 乙卯 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥

 

また、納音五行ごとに六十干支を分類したものは下記の通りです。
木行

己亥、壬子、癸丑、庚寅、辛卯、戊辰、己巳、壬午、癸未、庚申、辛酉、戊戌

火行

丙寅、丁卯、甲辰、乙巳、戊午、己未、丙申、丁酉、甲戌、乙亥、戊子、己丑

土行

戊申、己酉、丙戌、丁亥、庚子、辛丑、戊寅、己卯、丙辰、丁巳、庚午、辛未

金行

辛巳、甲午、乙未、壬申、癸酉、庚戌、辛亥、甲子、乙丑、壬寅、癸卯、庚辰

水行

甲申、乙酉、壬戌、癸亥、丙子、丁丑、甲寅、乙卯、壬辰、癸巳、丙午、丁未

 

ここで、甲子には甲(木)にも子(水)にも金がないのに、なぜ納音五行は金になるのか疑問が生じるかもしれません。
音韻理論では、十干・十二支に数字を割り振り、その足し算の和から納音五行を導き出します。
(和が5より大きくなる場合は−5します)

十干

甲乙…1、丙丁…2、戊己…3、庚辛…4、壬癸…5

十二支

子丑午未…1、寅卯申酉…2、辰巳戌亥…3

納音五行

1→木、2→金、3→水、4→火、5→土

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top