四柱推命:日柱「丁丑」の性格、恋愛、結婚、適職、開運

四柱推命:日柱「丁丑」の性格、恋愛、結婚、適職、開運

丁丑

 

四柱推命において、日柱が丁丑(ひのとうし)の人の性格、恋愛傾向、結婚傾向、適職、開運方法は次の通りです。

 

性格

控えめで落ち着いており、共感力が高く相手にあわせることが得意です。
自然体で無理はせず安定を求める傾向があります。

 

頭の回転が速く話術が巧みで、気難しい人とも難なく打ち解け、年配者から可愛がられることが多いです。
いつの間にか自分の主張を相手に承諾させていたりと、駆け引きがうまく世渡り上手なところもあります。

 

普段は集団から一歩引いた姿勢を取り、本心は滅多に見せません。
物事がうまく運んでいても心の中では不安や孤独が消えないことが多いので、深く考えすぎず趣味などを楽しむとよいでしょう。

 

恋愛傾向

女性は自分を守ってくれそうな男性に惹かれるでしょう。
甘えたりワガママを言ったりして相手を翻弄する魔性を持ち主ですが、トラブルに発展することもあるので注意しましょう。

 

男性は現実主義者で恋愛に溺れることは滅多になく、恋愛よりも仕事や学業を優先することも珍しくありません。
しかし理想の相手に出会ったら全力でアプローチして獲得することが多いです。

 

結婚傾向

女性は義理の親との同居など夫の家族とのつながりが濃くなる傾向があります。
夫の家族のことは深く考えすぎず自然体で接するとよいでしょう。

 

男性は親の面倒を見ることが避けられない傾向があるので、間に立ってくれる妻を大切にしましょう。
お金を稼いでいるからといって家庭のことや嫁姑問題を放置していると痛い目を見ることになります。

 

適職

状況を把握することが得意なので舞い込んできたチャンスは見逃しません。
職場はもちろん取引先や違う部署の人とも良好な人間関係を築くことができるでしょう。

 

持ち前の話術をいかせる仕事やお金を扱う仕事に適性があります。
小さな失敗で落ち込んでしまう傾向がありますが、そういう時はとにかく体を動かすようにするとよいでしょう。

 

営業職、販売職、金融業、経営者、会計士、税理士、アナウンサーなど

 

開運方法

人の心を見抜く能力や掴む能力に長けているので、それを活かせるような職業につけば社会的な成功を望めるでしょう。
基本的に情緒面は落ち着いていますが、感情をあらわにすると失敗することが多いので、どんな時でも客観的で冷静な判断力を失わないようにしましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top