四柱推命の十二運:衰

四柱推命の十二運:衰

四柱推命の十二運である「衰」は、ピークを越えて衰えつつある状態を表しています。
自然に逆らわない穏やかな在り様を示しています。

 

男性の場合はやや覇気や決断力に欠けるところがあります。
女性にとっては良い運気で、プライベートが充実するでしょう。
ただし、キャリアウーマンとして男性と互角に渡り合いたい女性にとっては物足りない運気となります。

 

四柱の衰

衰の命式内の各柱ごとの特性は次の通りです。

 

年柱

親や目上の人からの援助は期待できないでしょう。
先祖から享受できるものもあまりないでしょう。
自分の力で人生を切り開くことになるため、全般的に苦労が多いです。

 

月柱

温厚な性格で、あまり我を出さず他人に合わせるので人から好かれるでしょう。
見かけは明るく華やかですが、自信はあまりないタイプでしょう。
冒険せず堅実な人生を送る傾向があります。
能力が高いゆえに器用貧乏なところがあり、ハードワークや過労に陥りがちです。
心配性なため杞憂が多く、チャンスを逃しやすいです。
落ち着いて構え、物事をポジティブに考えれば開運につながるでしょう。

 

日柱

大人しく温厚な性格で、保守的な考え方をします。
人の上に立つことが苦手で、サポートする方が性に合っているでしょう。
研究職、技術職、医療職などに適性があります。
親との縁が薄く、人生の早い段階で自立したり別れたりすることがあるでしょう。
男性の場合は、結婚して時間がたつと妻との仲がぎくしゃくするかもしれません。
女性の場合は、家族を支え、周囲と協調してうまくやっていけるでしょう。
ただし、キャリアウーマンや女社長のようなキャリア志向の人はこの限りではありません。

 

時柱

途中までうまくいっていても、最後まで踏ん張り切れず、結果が出にくい傾向があります。
子供運はあまり良くなく、子供に悩まされることがしばしばあるでしょう。

 

行運の衰

基本的に衰の行運は、身強にとってはあまり脅威となりませんが、身弱にとっては日主が弱まるので注意が必要になります。

 

喜となる通変星が衰とともに巡ってくれば、物事を発展させるのに良い時期となります。
新たに何かをするというよりも、今まで築き上げてきたものを応用したり、再活用したりするとよいでしょう。

 

忌となる通変星が衰とともに巡ってくれば、運気が停滞しさまざまな支障が出るでしょう。
身強より身弱の方が凶意が大きいです。
その通変星が意味する事柄に特に注意しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top