偏印×十二運

偏印×十二運

四柱推命の偏印と十二運の組み合わせについて解説します。

 

偏印は、衝動的な精神活動、災難、病気、芸術などを表します。
また、母親や継母との縁も示します。
偏印は凶星であるため、基本的に十二運は弱いものが好まれます。

 

偏印×長生

母親との縁が薄く、母親の愛情に飢える傾向があります。
また、継母に育てられることもあるでしょう。
仕事では独自の世界を築き、成功するでしょう。
何事もマイペースに取り組み、年を重ねるにつれ社会的に評価されるでしょう。

 

偏印×沐浴

親との縁が薄く、親以外の人に育てられることがあるでしょう。
全般的に運気が弱く、苦労が多いでしょう。
多くのことに手出しすることは避け、取り組むことは絞った方がよいでしょう。
女性の場合は、結婚運や子供運が良くないでしょう。

 

偏印×冠帯

陽干日生まれの人は、苦労の多い人生を送るでしょう。
陰干日生まれの人は、比較的安定した人生を送るでしょう。
芸能人や宗教家、医師など、特殊な職業に適性があるでしょう。
女性の場合は、子供との縁が薄いでしょう。

 

偏印×建禄

裕福な家に生まれますが、子供時代に家が傾いて苦労を経験するでしょう。
引き立て運は期待できず、金遣いも荒い方でしょう。
芸能人や宗教家、医師など、特殊な職業に適性があるでしょう。
女性の場合は、子供との縁が薄いでしょう。

 

偏印×帝旺

片親との縁が薄く、また親が再婚するようなこともあり、子供時代は苦労が多いでしょう。
しかし、その経験を糧にして社会で成功するでしょう。
自暴自棄になると破滅に向かうでしょう。
男性も女性も、結婚運や子供運は期待できないでしょう。

 

偏印×衰

親の運が弱く、庇護を受けられないでしょう。
人生の浮き沈みは多く、経済的な苦労が暗示されます。
芸術の才能に恵まれ、努力によって開運するでしょう。
男性も女性も、結婚には障害があるでしょう。

 

偏印×病

片親との縁が薄く、自身も病気がちでしょう。
相続した財産を失う暗示があります。
人生の浮き沈みは激しく、苦労が多いでしょう。
しかし、才能には恵まれているため、それを活かすことのできる分野で活躍できるでしょう。

 

偏印×死

親からの援助が期待できず、恵まれない環境で育つでしょう。
人生の浮き沈みが激しく、全体的に苦労の多い人生でしょう。
仕事が転々と変わりやすいでしょう。
結婚生活では経済的な問題を抱えやすく、女性の場合は子供との縁も薄いでしょう。

 

偏印×墓

片親との縁が薄く、人生の浮き沈みが多いでしょう。
行動力が足りないため、開運には時間がかかる傾向があります。
医師、芸能人、宗教家などの特殊な職業に適性があるでしょう。
結婚生活は経済的に苦労しがちで、女性の場合は子供との縁も薄いでしょう。

 

偏印×絶

片親との縁が薄く、親戚も力にならないでしょう。
人生の運気は非常に不安定で、苦労が多いでしょう。
特別な技術を身に付けると社会生活が送りやすくなるでしょう。
命式に財星があれば、学問や芸術の才能に恵まれるでしょう。

 

偏印×胎

母親との縁が薄く、親戚の家で育てられることがあるでしょう。
人生の浮き沈みが激しいでしょう。
仕事は変わりやすいですが、斬新な発想力が強みでしょう。
女性の場合は、結婚後は安定するでしょう。

 

偏印×養

親との縁が薄く、他の家で育てられることがあるでしょう。
人生の浮き沈みは激しいですが、学問や芸術の道で開運しやすいでしょう。
男性の場合は、気が多く妻を苦しめることがあるでしょう。
女性の場合は、子供との縁が薄いでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top