四柱推命の三合・方合

四柱推命の三合・方合

四柱推命の三合・方合とは、3つの地支が互いに助け合ったり結びついたりして一つの五行の力を生み出すことを言います。

 

三合・方合が生み出す五行が命式の喜神となる時は吉となりますが、反対に忌神となる時は凶となります。
凶となる場合、特に病気などの健康面にはよくありません。
また、大運で三合・方合が形成される時は、運気の変化が考えられます。

 

三合

3つの地支が助け合って一つの五行の力を生み出します。
構成する地支は下記の通りです。
土局だけ特殊で4つの地支から成り、四墓(四庫)と言います。

三合水局 申・子・辰
三合木局 亥・卯・未
三合火局 寅・午・戌
三合金局 巳・酉・丑
四墓土局 辰・戌・丑・未

 

三合の力量は支合よりも強いです。
三合は冲や刑されることを嫌い、それらがある場合は力量を損ないます。

 

3つの地支のうち1つが欠けたものを半合と言います。
構成する地支は下記の通りで、土局の半合はありません。

水局半合 申・子 または 子・辰
木局半合 亥・卯 または 卯・未
火局半合 寅・午 または 午・戌
金局半合 巳・酉 または 酉・丑

 

方合

3つの地支が結びついて強力な一つの五行の力を生み出します。
別名「三会」とも言います。
構成する地支は下記の通りです。

北方合水局 亥・子・丑
東方合木局 寅・卯・辰
南方合火局 巳・午・未
西方合金局 申・酉・戌

 

方合の力量は三合よりも大きいです。
方合は3つ揃ってこそ力を発揮するので、2つ揃って半合となることはありません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top