四柱推命:日柱「癸亥」の性格、恋愛、結婚、適職、開運

四柱推命:日柱「癸亥」の性格、恋愛、結婚、適職、開運

癸亥

 

四柱推命において、日柱が癸亥(みずのとい)の人の性格、恋愛傾向、結婚傾向、適職、開運方法は次の通りです。

 

性格

優雅で気品があり、物怖じせず堂々とした風格がある人でしょう。
感情をコントロールすることがうまく、本心は滅多なことでは明かさないところがあります。

 

頭の回転が速く、論理的に物事を考えて対処します。
その一方で、頑固でやや柔軟性にかける一面もあります。

 

正義感が強く、間違っていることに関しては目上の人にも意見できるでしょう。
ポジティブで逆境に強く、最後まで諦めないタフな精神力があります。
財運に恵まれているので、基本的にはお金に困ることはないでしょう。

 

恋愛傾向

女性も男性も理想の恋愛像がはっきりしており、恋愛対象は狭い方です。
交際後は徐々に主導権を握るでしょう。

 

女性は知的で価値観が近い男性に惹かれる傾向があります。
細やかな気遣いのアプローチに弱いでしょう。

 

男性は母性豊かな女性に惹かれる傾向があります。
ロマンチストで一途に恋人を愛するでしょう。

 

結婚傾向

女性も男性も恋愛の延長線上に結婚があることが多いです。
結婚してからのギャップは基本的には少ないでしょう。

 

女性は母性本能を発揮して、甲斐甲斐しく家族の世話をするでしょう。
単身赴任などで別居することはあまり望ましくありません。

 

男性は地に足の着いた結婚生活を送ることができるでしょう。
妻の家族も大切にすることが夫婦円満の秘訣となります。

 

適職

努力を惜しまず、責任感を持って最後まで仕事をやり抜くので、周囲からの信頼は厚いでしょう。
人の上に立つことが多く、経営者の素質もあります。

 

専門知識を活かせる職業に適性があるでしょう。
知識を次世代に伝える教師やインストラクターなどにも向いているでしょう。

 

専門職、研究職、教師、インストラクター、コンサルティング業界、行政関係、公務員、自営業、経営者、評論家、芸術家、作家、宗教家など

 

開運方法

不調や不運が重なると視野が狭くなり、つい意地を張ってしまうところがあります。
弱っているときこそ周囲に助けを求め、心の平穏を図ることで、チャンスを逃さず運を掴むことができるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top