四柱推命の特殊星:咸池

四柱推命の特殊星:咸池

咸池は四柱推命の特殊星の一つで、色情の意味を持つ星です。

 

咸池を持っている人は色情問題でトラブルを起こしがちです。
また、せっかちで水に関する災難に合うこともあります。
女性で咸池を持っている人は、容姿が良いと言われています。

 

咸池は日没の気配を取った星でもあり、日没はこれから闇に入ることを表しています。
そのため、一度迷走に陥ると容易にそこから抜け出せません。

 

咸池のある柱の十二運が長生、冠帯、建禄なら、その咸池の効果が非常に強くなり、色気や魅力も目を引くでしょう。
しかし、色欲や酒に溺れ、人生を享楽的に送る傾向があります。
さらに偏財や食神などがあれば、その傾向は一層増します。

 

咸池のある柱の十二運が衰、病、死、絶なら、闇を抱えた咸池となります。
どこか崩れた容姿であったり、精神的に不健全で放蕩した人生を送る傾向があります。
また、狡猾であったり恩知らずであったりもします。

 

時柱にあるものが一番強く働き、次に日柱にあるものが強く働きます。
年柱、月柱にあるものはそれほど強く働きません。
時柱に咸池があって、劫財、傷官などとともにあれば、家を滅ぼすと言われています。

 

駅馬とともにあれば、異性を求めてどこへでも追いかけていきます。
お金も入ってきますが心身ともに消耗するでしょう。

 

建禄、喜神とともにあれば、綺麗ではないお金が入ってくると言われています。
沐浴とともにあれば、性を求めてそういった店に通う傾向があります。

 

天徳、月徳とともにあれば、咸池の持つ凶意は薄れます。
羊刃とともにあれば、体は弱いですが、知性に秀でるでしょう。

 

偏官とともにあれば、水商売、芸能界などの世界で活躍する傾向があります。
傷官とともにあれば、配偶者以外の愛人に苦労すると言われています。

 

咸池になる条件は下表の通りです。

年支/日支

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top