四柱推命と骨の病気

四柱推命と骨の病気

四柱推命において、骨の病気は木と水のアンバランスによって引き起こされると考えられています。
木は肝臓、四肢、骨に関係し、水は腎臓、免疫系統、骨髄に関係しています。

 

天干乙は首と背骨を表しています。
ですので、日干が乙の人は木が弱いと特に首や腰の問題に悩まされやすいです。

 

水が弱いと、木が乾き骨粗鬆症を引き起こしたり、軟骨やコラーゲンが少なくなって関節痛を引き起こしたりします。
また、五行全体が乾いてると火が強くなり、炎症という形で体に慢性的な痛みをもたらしたりします。

 

行運で火や金が強くなると、骨の病気を発症したり病状が重くなる傾向があります。
水が病状を改善するための助けとなります。
また、火、金、土など悪い五行が重なった日には、事故に遭って骨折や脊髄損傷をすることがあります。

 

骨の病気を改善するためには、カルシウムやマグネシウムを摂取することが効果的です。
これらは健康で強い骨を作るためには欠かせないものです。
ビタミンD、亜鉛、セレン、クロム、ヨウ素なども合わせて取ると良いでしょう。
また、適度な運動や日光を浴びることも重要です。

 

命式で木が弱い人や、行運で木が弱くなる時は、骨を丈夫にして備えるとよいでしょう。
また、骨折しないように等、常日頃の行動にも注意しましょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top