傷官の天星×各地星

傷官の天星×各地星

四柱推命の命式において、傷官の天星と各地星の関係について解説します。
天星は天干から出す通変星、地星は地支の蔵干から出す通変星のことを言います。

 

傷官(天星)×比肩(地星)

比肩が傷官を強め、傷官的な性質を帯びるでしょう。
比肩の我の強さに、傷官のプライドの高さと繊細さが加わり、内向性が増すでしょう。
表面上は強気ですが、内面はネガティブ思考で悩みやすいでしょう。
人生の早い段階での挫折が暗示され、その挫折によって性格が屈折することが珍しくないでしょう。
いかに傷官にひきずられないようにするかが開運の鍵となるでしょう。

 

傷官(天星)×劫財(地星)

劫財が傷官を強め、傷官的な性質を帯びるでしょう。
自己中心的な性質がさらに強まるでしょう。
プライドが高く、他者から下に見られることを許容できないでしょう。
警戒心が強いため、身内にも心を開かないことがあるでしょう。
思い通りにならない下積み時代が長いですが、その期間を投げ出さずに真摯に取り組むことが、その後の開運につながるでしょう。

 

傷官(天星)×食神(地星)

傷官と食神は比和の関係であるため、食傷星の特性が強調されるでしょう。
理屈で考えるよりも、無意識な衝動に従って行動することが多いでしょう。
良い意味でも悪い意味でも常識にとらわれないでしょう。
非常に個性的で、自分だけの世界観を持っているでしょう。
真面目な気質と自己中心的な気質の二面性が同居しているため、周囲の人は振り回されることが多いでしょう。
立身出世運に恵まれますが、敵も作りやすいため、妨害されることがしばしばあるでしょう。

 

傷官(天星)×傷官(地星)

傷官が比和となり、傷官本来の性質が非常に強調されます。
プライドが非常に高く、執念深くて、極端な考え方をすることが多いでしょう。
何か一つのことに熱心に取り組む真面目な性質もあります。
強烈な個性があるため、組織のトップに立つことも珍しくありません。
自分を傷つけようとする衝動があるので、その点には十分注意しましょう。
結婚や育児は思うようにいかないことが多いでしょう。

 

傷官(天星)×偏財(地星)

傷官が偏財を強め、また偏財に傷官の性質が加わります。
偏財の思い切りの良さと、傷官の緻密さがあるため、仕事で成功する人が多いでしょう。
プロフェッショナルな職種や専門技術をいかした仕事に適性があるでしょう。
特に、傷官の働きが良ければ、頭脳労働や知的な職業に縁があるでしょう。
バランス感覚にも恵まれているため、努力して取り組んだことはきっちり成果を出すことができるでしょう。
女性の場合は、結婚生活での苦労や波乱があるでしょう。

 

傷官(天星)×正財(地星)

傷官が正財を強め、また正財に傷官の性質が加わります。
正財の温和で真面目な性質に、傷官のプライドの高さが加わるので、良い意味でも悪い意味でも感情豊かになるでしょう。
命式で傷官が強すぎると、独りよがりになって結果が出にくいですが、そうでなければプロフェッショナルで人間味があるため、仕事で成功することが多いでしょう。
また、他者の失敗によって財を掴んだり成功することもあるでしょう。
女性の場合は、結婚生活が安定しにくいでしょう。

 

傷官(天星)×偏官(地星)

傷官が偏官を剋するため、偏官の性質は弱まり、傷官の性質が強くなるでしょう。
凶星の偏官を抑えるのは良いことですが、傷官も凶星ですから、吉星のような明るさや華やかさはありません。
破天荒な生き方は避けられますが、思い切りの良さはなく、感傷的な気質があるでしょう。
リーダーというよりは2番手3番手として大いに能力を発揮することできるでしょう。
この並びが年柱ある場合は、親や祖父母に反発しやすいでしょう。

 

傷官(天星)×正官(地星)

傷官が正官を剋するため、正官の性質は弱まり、傷官の性質が強くなるでしょう。
吉星の正官を凶星の傷官が剋するので、凶意が強いでしょう。
思い通りにいかないことが多く、相続でもトラブルが生じやすいでしょう。
また、いつまでも子供のような大人になりきれない気質があるでしょう。
特にこの並びが年柱ある場合は苦労が多く、相続できなかったり、犯罪に関わることがあるでしょう。
命式に傷官を強める比劫星がある場合は凶意がさらに増し、反対に財星や印星がある場合は凶意が弱まるでしょう。

 

傷官(天星)×偏印(地星)

偏印が傷官を剋するため、傷官の性質は弱まり、偏印の性質が強くなるでしょう。
傷官の衝動性や権力志向が抑えられるのは良いことですが、偏印のマイペースさが強くなるので、自分の世界で小さくまとまってしまいがちです。
何らかの才能に恵まれている人や、複数の才能に恵まれている人が多いでしょう。
他人を蹴落としてでも前に出ることはあまりなく、自分が満足できるかどうかを重視するでしょう。
傷官、偏印ともに感情的な通変星であるため、若い頃は感情の起伏が激しくなりがちですが、年齢を重ねるにつれ落ち着いていくでしょう。

 

傷官(天星)×印綬(地星)

印綬が傷官を剋するため、傷官の性質は弱まり、印綬の性質が強くなるでしょう。
凶星の傷官が吉星の印綬によって抑えられるのは良いことですが、印綬の良い面もいくらか損なわれてしまいます。
印綬の利己的な性質が強まり、空想や妄想に悩まされることもあるでしょう。
目先の欲に流されて、適切でない手法を選択してしまうこともあるでしょう。
しかし、人気運には大変恵まれ、周囲に多くの人が集まってくるでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

page top