四柱推命の特殊星:羊刃、日刃、飛刃

四柱推命の特殊星:羊刃、日刃、飛刃

羊刃

羊刃は四柱推命の特殊星の一つで、凶神の代表でもありますが、条件によっては喜神となることもります。
凶でも吉でもこの星があると大きく作用すると言われています。

 

羊刃は、非常に自我が強く現れることを表しています。
強すぎる自我を強く抑えるために偏官があることが好ましいです。

 

命式に偏官があれば羊刃は喜神として働きます。
偏官と羊刃は互いに手を結び非常に強い立身運となります。

 

羊刃がある命式においては、まず第一に偏官があるものを吉とし、偏官がなければ正官があるのが好ましいとされています。
また、日干が弱く、身弱な人にとっても羊刃は吉星となります。

 

羊刃は刑、沖を嫌います。
ですので官星があっても羊刃に刑や沖があれば、好条件を生かすことができません。
また、正財、魁ゴウなども嫌います。

 

羊刃は劫星と同じ働きをしますので、どの柱でも劫星とともにあれば、円満を欠きます。
性格に棘があったり、家を飛び出たりします。

 

羊刃が傷官とともにあれば、プライドが非常に高く、人を見下す傾向があり、社会から孤立しかねません。
女性では結婚運が悪くなり、夫や子供を剋しがちになります。

 

羊刃を形成している支と年運、月運、日運の支が沖、支合、三合などをつくっていると、トラブルに巻き込まれることが暗示されます。

 

時柱に羊刃があるのが一番強く、次に年柱、月柱、日柱の順で強く働きます。
時柱は未来を司るという意味で一番影響力が大きいと考えられています。
年柱に凶意を持った羊刃があると、祖先や血統を否定します。

 

月柱の羊刃はその人物の性格や社会性に強い影響を与えます。
偏官があれば人柄が良いですが、凶意があれば無情で傲慢な性格になる傾向があります。

 

日柱の羊刃は結婚運、家庭運に大きな影響を与えます。
しかし、羊刃の強さとしては他の柱と比較すると一番軽いと考えてよいでしょう。
また、男性で羊刃を3つ持つ人は複数回結婚すると言われています。

 

羊刃になる条件は下表の通りです。

日干

(日刃)

(日刃)

(日刃)

 

 

日刃

日柱にある羊刃のことを日刃と言います。
「丙午」「壬子」「戊午」が該当します。

 

日刃は、官星があったり、刑・沖がない場合は、強い立身運を期待することができます。
しかし官星がなかったり、あっても弱い場合は、配偶者を剋すると言われています。

 

 

飛刃

飛刃は、日干から見て羊刃となる支の真向かいにある支が該当します。
そのため、力は羊刃の半分程度だと考えられています。
また、吉凶も羊刃に準じます。

 

飛刃を持っている男性は、無鉄砲、ギャンブル好きなどの破天荒な傾向があります。
女性はお産が重い傾向があります。

 

飛刃になる条件は下表の通りです。

日干



 このエントリーをはてなブックマークに追加