四柱推命:特殊星とは

四柱推命:特殊星とは

特殊星は、四柱推命おいて運命を見るときに参考にします。
別名「神殺」とも言い、神は吉の特殊星、殺は凶の特殊星のことを指します。

 

命式の中のある干支の組み合わせは運命において大きなシグナルとなります。
それらの組み合わせのことを特殊星と言います。

 

四柱推命は用神や格局を看ることが重要ですが、特殊星にはそれらを看る際に補佐する役割があります。
特殊星を看ることで運命を効率的に理解することができます。

 

四柱推命の歴史において、多くの特殊星が記録されています。
非常に重大な事象を正確に言い当てているものもありますが、一方で完全に信用できるというものでもありません。

 

特殊星だけを見て重要視しすぎると誤解を招くケースもあります。
当サイトでは、有用性の高い重要な特殊星を紹介します。

 

 

特殊星は一生に対して全体的に影響を及ぼしますが、特に年柱の特殊星は0〜20歳、月柱は20〜40歳、日柱は40〜60歳、時柱は60歳以降に影響が強いと言われています。

 

吉星はあればあるほど良いというわけではありません。
多すぎると効果が薄れてしまいます。

 

良い特殊星が日柱または時柱にあるのが一番理想的です。
ホステスや芸者さんなど水商売で成功している人は吉星が多い傾向にあります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加