四柱推命と肥満、糖尿病

四柱推命と肥満、糖尿病

四柱推命において、肥満や糖尿病は火と土の五行と関係があると考えられています。
肥満や糖尿病の一因は、炭水化物がインスリン抵抗性につながっていることだと言われています。

 

インスリンは膵臓から出るホルモンで、膵臓は土の五行に関係しているので、インスリンも同様に土の五行と関係があると考えられます。
また、炭水化物はエネルギー源で、エネルギーは火の五行ですから、炭水化物は火の五行に関係があると考えられます。

 

炭水化物とインスリンの関係は、火と土の関係と似ています。
高血糖な食べ物が血糖値を上げインスリンの障害を引き起こすことは、過剰な火が過剰の土を生じバランスを崩すことと同じです。

 

命式において火や土が過剰であったり、行運で火や土が強くなる場合は、肥満や糖尿病に注意しましょう。
体型を適正に保つためには、良い食事、適切な運動、必要な栄養素を補うサプリメントの摂取を実現すると効果的でしょう。
減量は自制心が大切ですから、命式で官が強い人や行運で官が強くなる時に成功しやすいでしょう。

 

歳運で火や土が強くなる年は世間的に体重が増えやすくなる傾向があります。
反対に金が強くなる年は土を弱めますので、体重増加は弱まります。
世間的に体重増加した人が増えた後は、ダイエットが流行したりフィットネス産業が脚光を浴びる傾向があります。

 

また、印が忌神となる人も注意が必要です。
印は身体に対する入力の働きをし、これには食べ物や体重も含みます。
ですので過剰な印もまた、そのエネルギーを逃がすはけ口がないと体重増加の原因となります。



 このエントリーをはてなブックマークに追加